2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国ツーリング 四国一周編

kage

2013/02/18 (Mon)

前回の続き

いよいよ四国に上陸し、四国を堪能するかー

と意気込んでいたのだが、初っ端から心は折られることになった

初っ端どころか終始心は折れながら走ることになったのだけど


まぁ中身入りますかー(投げやり

サクサクイクヨー

4日目
松山発、宿毛まで行く予定だった
諦めた

実は今回のツーリング、5日目に宿毛を出発し、四万十川沿いに上り、四国カルストまで行き、高知県南国市まで行く

という頭沸いてんじゃねぇの?的な予定を考えていたのだが、
どう考えても無理じゃん…

これ気づいたのは3日目の夜(ォィォィ

じゃあせめて四万十川の距離を短くすれば行けるんじゃないか?とか思ったのだが
4日目に走ってる途中で無理だと気付いた

だって松山から南に行くときに嫌でも峠越えさせられたんだもん
走りにくい上に峠とかつらかった…

心も折られるってもんですわ

でもそのかわり田舎特有の景色とか見られたのは良かった

途中で目的地を変更して四万十川上流らへんに宿をとることに

民宿泊まったからちょっと高くついたよ

ご飯は美味しかったから良しとしたかった
けど腹痛に襲われて晩御飯半分も食べられなかった…

もったいなす

5日目
四万十川沿いを走り高知まで行かねばならぬ

腹痛は無し、これならいける
朝ごはんはちゃんと食べきった

実は前日の夜に輪行しようと考えていた
脚が終わってたのと、民宿の朝ごはんの時間が私にとっては遅めだったから

四万十川の景色を堪能しながら窪川を目指す
P1000191-2.jpg
左下の影が私と愛車

こんな所も
DSC_0184-2.jpg

前もしまなみは飽きたって言ったけど
四万十川も飽きる!

川を下って窪川から輪行しようと思ってたのだけど、窪川までが思っていたより遠く、電車に間に合いそうになかったため川を下っている途中で見つけた駅で急遽輪行することに

本当に田舎も田舎で、電車乗るのも楽しくはあったかな

でも時間ぎりぎりで、電車乗った後で輪行袋に詰める事態になったのだけど
あの時に手伝ってくださったおじいさん、本当にありがとうございました

そして窪川できちんと切符を購入し今度は高知へ
快速以外良い時間が無かったことを調べていたので輪行代が高くついた

そして南国市到着

ながおか温泉なるものがあると知り、そこへ行き汗を流す
なんとここは温水プール?もあり入浴料追加なしでそちらも行けるらしいのだけど、水着とキャップが要るそうな

持ってるわけねーよ!

900円払い入浴だけすることに(高くね?

まぁ中は綺麗な銭湯って感じでしたがね
昼過ぎに行ったけどおっさんしかいなかったね

風呂をあがりアイスを食べ今度は洗濯へ

初コインランドリー!

洗剤ってどうなんだろうって思ってたらそこは洗剤無料で付いてるやつだった
助かった

30分かかるみたいだからまず隣のスーパー行って買い物を
そして本屋で立ち読みを

今度は乾燥機2回ほど回して服を畳んで友人宅へ向かう

日が落ちる頃には到着して夜は居酒屋でいっぱい食べた
鰹のたたき超うまうま

次の日はどこまで行こうかとか考えたがどうやら徳島まで行かないと宿らしい宿が無いと知る
結果次の日はのんびり出来なかった

6日目
南国発、徳島へ

朝8時くらいに出て11時に室戸岬着
ここまでは追い風で信号も少なくてサクサク進む
ここまで73キロ
休憩入れてもグロス24とか出てた

室戸岬にて
P1000196-2.jpg
DSC_0187.jpg
おっちゃん何してんの…

しばらく進むと夫婦岩なるものがああった
写真?だから撮ってないって(

その後は北風のせいで向かい風になるのは分かってた
でもなぜか30キロくらいはどちらかというと追い風基調だったから嬉しかった

ま、その後は向かい風受けて真顔で走ってましたがね
なんとか踏ん張って150キロ地点までは進み、道の駅を発見したので休憩

焼きとうもろこしが目につき購入
普通にうまい

チョコバナナも発見
うまい

あと50キロくらいか、3時間もあれば行けるかなー
とか考えていたのに、このあと私はずっとイライラしながら走ることになった

なんて言っても向かい風、そう向かい風!
ほとんど吹き止まない…つらい
って言うかそれを通り越して進まなさにイライラ

しかも微妙な峠とかある
登りは止まりそうになる、下りでも踏んでも30キロ超えなかったりとかがずっと続く

自転車って踏んだ分だけ進む感じが面白いはずなのにこの日は本当に楽しくもなんともなかった

それでも進まないと終わらない
なんだかんだ言いつつ徳島まで20キロに入り心の中でガッツポーズ

が、徳島に近づくと周りが平地気味になり風邪を遮るものが無くなりもろに風を受ける事に
さらにイライラ

平地で15km/hくらいしか出ず、下ハン持って空気抵抗を下げながら進む
なんでこんな風強いんだよ(冬だからじゃね?

走行距離208キロ、しかも後半向かい風強すぎワロタの状態で走らされたもんだから鬼畜すぎだった
8時前にはなんとか徳島市街の方へ着き、すき家でカレーを食べた
(おいしくなかった
私の口に合わなかっただけだろうけど

本当は次の日に泊めてもらう予定だった友達に連絡して泊めてもらうことに
バイトで12時まで帰れないようなのでネカフェで時間をつぶす

シャワー浴びて着替えて、マンガ読んで友人宅へ

明日は一日休めるーってことでのんびり過ごした

7日目
じつは前日一気に徳島まで来た理由の一つに、この日は雨の予報だったからというのがある

だからこの日はのんびり友人と遊びました
昼前に起きてご飯食べて昼から夜までカラオケですた

夜ご飯は徳島ラーメン
おいしかったよー

次の日はうどん県うどん巡りの予定でそこまで走らないつもりだったからゆっくりと

8日目
いざうどん県へ

朝9時くらいに出発
コンビニで朝食と補給食買ってレッツゴー

やっぱり海岸沿いは風がほんとにキツイ
冬に海岸沿いを走るのはダメだなってこの旅で気づいた

それでも6日目のそれよりはマシだと思ってどうにかうどん県へ

さぬき市はスルーして高松市へ地元民しか知らなさそうなうどん屋無いかなーって思ったけど
大きな通りしか通らなかったから見つけられず結局チェーン店っぽいところで讃岐うどんを食べることに

でも後悔はしなかったね

メニュー表に各うどん小と中が書いてあったから肉うどん中を頼んでみた
頼んだ後に気づいた

小 1玉
中 2玉
大 3玉

って書いてある(!?

結果オーライだった

デカい丼でうどんが出てくる
いなりも頂こう

天かすかけて七味も少しかけて頂く
当然のごとくうまい
3玉行っても良かったんじゃないかと思ったほどうまかった

このとき四国は松山とうどん県は良い所だなーとか考えてた

今日はどこに泊まろうか、四国中央市まで行けたら次の日楽だが
でも今日ゆっくり出たし夜間走行したくない

ってことで善通寺市のネカフェへ行くことに

9日目

夜のうちにシャワー浴びておくべきだった
すぐに寝てしまって朝出る少し前にシャワー浴びようと思ってたら先客がいて、15分後くらいにもう一回聞いてみたらまだ出てないとのこと

仕方ない、今日はこのまま行こう
昨日そこまで汗かいてないからいいか
どうせ今日は松山に戻るし、道後温泉で汗を流せばよかろう

ということで朝7時、ネカフェを出ていざ松山へ

相変わらず海岸沿いは(

途中箕浦駅を発見
これってミノウラと関係あるのか?漢字同じみたいだし
とか考えながら進む

西条付近で食堂を発見しそこで昼食をとることに
ちょっと食べすぎた

でもおいしかったし良いんじゃないかな?

再び松山へ向けてゴー

最後に少し峠みたいなのがあるのはわかっていた
むしろ最後の砦みたいでワクワクしながら向かっていった

ま、言うても標高300㍍くらいですし、登り始める前からある程度標高あったみたいであっという間に終わってしまった

正直もうちょっと登りあった方が楽しかっただろうなぁ

って心では思っていたけど身体はそうもいかなかった
連日の移動で脚が、というか膝周辺が終わってた

靭帯は痛い、なぜか膝の皿も痛い、筋肉は重い
まぁそれでも松山まで20キロとかそこらへんだったからのんびりポタリングして向かう

気づけば道後温泉着

自転車を停めていざ温泉へ(2度目
P1000199-2.jpg


ここで前回残った石鹸を再び使うことになる

記念タオルも再使用

いやー、やっぱり温泉に浸かってるってだけで気分が良いよね
特に自転車乗って疲れた後は最高っす

風呂上り、以前はフルーツ牛乳だったので今度はコーヒー牛乳を

そしてお土産街を歩いてお土産を買い、愛媛大学へ
到着、友人に連絡すると

「早ぇ!もうちょっと待ってくれ」

私「じゃあもう一回道後のほう行ってくるわ」

思わぬところで時間が出来たのでお世話になったYHに四国一周を無事終えた旨を伝えに行った
するとおばあちゃんが今度はリンゴを下さった

前も大きなみかんみたいなの下さったのに
本当にありがとうございました

そして再び道後を歩き、みかんのお酒を購入
後で友人と飲むかー

そして友人と待ち合わせ家まで向かう
荷物を置いて夜ご飯へ

近くの中華料理の店だった
量が結構あるのに安い
普通においしい

あんな店がうちの近くにもあればいいのに

そして部屋まで戻り次の日どうするかとか話した
私がこれまたアホちんだったからフェリーの値段を勘違いしてて、友人に教えてもらった

自転車込みで3220円で広島まで戻れるようなので時間に合わせて松山観光港に行けるように朝の時間を考えた
さらにアホちんだったのは松山港に行けばいいと思っていたこと

松山観光港まで行かないといけないのも友人に教えてもらった
ほんとありがとう

そして買っておいたみかんの酒を開けた
コップ一杯しか飲まなかったけど、うん、あんまりおいしくなかった

そもそも私はお酒好きじゃないってのもあるけどね

10日目
広島へ帰還

12時15分発の宇品行きのフェリーを目指して友人宅を出発

気づいた、時間が無い(バーカ

飛ばした
脚が終わってるしアップもしてないから踏めないし回せない脚でどうにかもがいて松山観光港を目指した

汗だくになりながらなんとか到着
出発3分前にチケット売り場着

どうにか乗り込んで一件落着
今日は汗かかないつもりだったのになー

まぁいっか、どうせ広島でもすこし乗るし、最後登りあるし
ってことで納得して船で2時間半揺られていた

気づいたら途中寝てた
それだけ疲れてたのね

そして宇品着
帰ってきました我が地元広島

なんか安心感があるよねー
あと広島ってすごく住みやすい土地だと思うよ

都会でもなし、田舎でもなし、自然もそこそこある
とまぁ感慨にふけるのもそこそこに実家目指して走る

お昼時で車もそこそこだったので歩道をポタリング

そしてやってきた最後の登り
短いのは短い、標高差100メートルとかそこらくらいしかない
でも斜度がキツイ

最後の試練を乗り越え実家へ

無事帰還

途中輪行する事態に陥ったけど無事に帰ることができたのだから良しとしよう
ツーリストに大切なのは速く漕げることじゃない、絶対に帰ってくる事だ
って漫画で言ってたもんね

当初の目的から言えば今回のツーリングは成功してないような感じもするけど、それはまたリベンジすればいいだけの事
それにね、今回の旅でいろいろと学べたから良かったと思う
風向きとかも考慮しないと悲惨な目に合うとか…ね
季節天候も考慮しないと目的地に行き得ないとかね
ネカフェではちゃんと夜のうちにシャワー浴びとくとかね
日程とかルートとか前もって調べとくべきとかね

四国カルストは温かい時期に行けばいい
というか必ず行くよ

という感じで今回の四国一周ツーリングは終わったのでした
本当に面白さも画像もない記事ですいませんした

リベンジにご期待…くだ……さい!(ハードル上げんなし
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。